カートの中身を見る

» カートの中身を見る


名前

ばたばた

メモ

『葬墓民俗用語集』(奥村隆彦・著)日本図書館協会選定図書になりました。

【定価:本体1,600円+税】 葬儀や墓地に関する様式や語句が急速に様変わりするなかで、あの世とこの世の境界領域を越え、葬と墓の世界を民俗学で探り、調査・採集・研究の成果を193語と解説にまとめた日本人の死生観に迫る用語集成。
大江山千丈ヶ嶽 酒呑童子由来
型番 76
定価 1,512円(税112円)
販売価格

1,512円(税112円)

購入数


「むかし丹波の大江山 鬼ども多くこもりいて 都に出ては人を食い 金や宝を盗みゆく」と歌われる日本の鬼のビッグネーム・酒呑童子の由来を、鬼気迫る挿絵とともに鬼伝説の地・大江山の麓に遺された版木から読み解く物語絵本。
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける