カートの中身を見る

» カートの中身を見る


名前

ばたばた

メモ

『葬墓民俗用語集』(奥村隆彦・著)日本図書館協会選定図書になりました。

【定価:本体1,600円+税】 葬儀や墓地に関する様式や語句が急速に様変わりするなかで、あの世とこの世の境界領域を越え、葬と墓の世界を民俗学で探り、調査・採集・研究の成果を193語と解説にまとめた日本人の死生観に迫る用語集成。
尼鋼争議 戦後労働運動の先駆
型番 26
定価 1,728円(税128円)
販売価格

1,728円(税128円)

購入数


戦後の鉄鋼業界再編と経済成長を前にした1954年、阪神工業地帯の製鋼会社・尼崎製鋼では会社経営危機を理由とした賃下げ案に対して77日間に及ぶストライキが展開されたが、当時の会社役員・組合執行部・組合員など尼鋼争議の当事者たちが語る事実と当時の社内報に息づく労働者の息吹を通して尼鋼争議の実態を探り、労働組合の存在を現代に問いかける労働者群像史。
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける